広くておしゃれなオフィス

シェアオフィスで生まれる新たな発想

握手

個人や在宅で働く方の新たな仕事場としてシェアオフィスが注目されています。シェアオフィスは誰もが共有できる空間を利用することで自分の作業に集中できる環境を手軽に整えることができ、さまざま業種の人々が交流を深める場としても利用されています。個人で仕事をしやすい職業としてクリエイターなどがシェアオフィスを利用するケースもあり、自分の中から新たなものを作り出すクリエイターにとって、外からの刺激は時としてアイデアのもととなる重要な要素でもあります。利用者同士のコミュニケーションを通じて新たな発想が生まれることもあるほか、仕事の幅を広げるうえでの人脈作りの場としても利用されています。閉鎖的な個室空間ではなくあえて開けた場所で作業をすることで、それまでとは違った環境を作り出すことができるという考え方はシェアオフィスの特徴でもあり、新しい時代の働き方のひとつともいえます。シェアオフィスはその特徴からアクセスのしやすい場所に建てられていることが多く、短時間だけの利用など気軽に入れるシェアオフィスも少なくないため、雰囲気やインテリアなど自分の気に入った環境を見つけることができれば、作業を効率化させることができるかもしれません。

シェアオフィスとレンタルオフィスは何が違うのか

一見、同じように思えるシェアオフィスとレンタルオフィス。しかし、実際のところ、シェアオフィスとレンタルオフィスには、いくつかの違いがあり、それを理解せずに利用する事は、とても危険です。例えば、レンタルオフィスの場合、基本的には鍵のかかる個室を借りる事になります。その為、固定電話を引く事ができるほか、パソコンなどを持ち込み、自分専用のオフィスとして利用することが可能です。一方、シェアオフィスの場合、一般的には個室はありません。デスクを共有して利用する事が多い為、自分自身のパソコンなども自分で毎回、持ち込みする必要があります。ただし、シェアオフィスの中でも、鍵のかかるロッカーを完備している場合もあり、そう言ったシェアオフィスを利用する事で、パソコンなどの備品を自宅から毎回持ち込む手間は省く事が可能です。また、省スペースいなるものの個室スペースを確保する事ができるシェアオフィスもある為、個室を希望する際は、その事を確認しておく必要があります。また、費用に関しては、シェアオフィスの方が格安で利用することができ、初期費用や月々の負担を少しでも軽減させたいと思う方には是非、シェアオフィスをお勧めしたいと思います。

シェアオフィスはどんな人にお勧めのオフィスなのか

シェアオフィスと聞くと、最近流行りのオフィスというイメージしかなく、実際には、どのような人が利用しているのかわからないと言う人も少なくありません。基本的にシェアオフィスを利用している人は、スタートアップ企業やフリーランスと言った感じの人となります。スタートアップ企業の場合、少人数で運営している事がほとんの為、わざわざ、オフィスを構える必要がないと言う考えの人が多いようです。また、フリーランスの場合は、1人で仕事をしている為、基本的には自宅でも仕事を行う事は可能です。しかし、なかには、メリハリをつけて仕事をしたいと言う人も多く、そういった人の多くが、低価格で利用することができるシェアオフィスを好んで利用している傾向があります。その他、OA機器や設備など自分で揃える事が難しい人も、シェアオフィスを利用する傾向にあります。自宅で仕事をする事は可能なものの、OA機器などが必要な場合、一から揃えるとなれば、費用がかさんでしまいます。そう言った点においても、シェアオフィスなら、それらがそろった状態で仕事を始める事ができ、初期費用を抑える事ができると言えるのです。この他にも、人とのつながりを大切にしたいと言う人にもお勧めです。

最新の情報

最新記事一覧

関連リンク

Top